SHOEI NEWS2020年 1月号 Vol.239

CONTENTS

新年ご挨拶

年頭にあたり

画像クリックで拡大します

新年明けましておめでとうございます。 
皆さまにおかれましては、つつがなく新しい年をお迎えのこととお慶び申し上げます。
令和で初の年越しということで、新たな気持ちで新年を迎えられた方も多いのではないかと思います。

昨年を振り返りますと、残念ながら昨年も台風・豪雨など自然災害が目立った年でした。近年はほぼ毎年のように大きな自然災害が発生し、いろいろな分野で影響が出ておりますので、弊社グループとしましても一層のリスク管理強化に努めていかなければと気を引き締めております。また、世界的にも猛暑や干ばつなど気象の変化により、海外食材の安定調達が難しくなる一方、日米貿易合意など貿易の枠組みも変化しつつありますので、これらの課題へしっかりと対応していかなければいけないと考えております。

企業をとりまく環境では、人手不足がこれまで以上にいろいろな分野に影響し始めており、物流費などの上昇への対応も必要となっています。省力化を含む積極的な設備投資などにより、人手に頼らずに安定的な商品の提供が可能となるよう企業基盤の構築に努めていきたいと考えております。

このような様々な課題のある中、無事に新しい年を迎えることができましたことは、ひとえにお取引先さま各位のご支援の賜物と心より御礼申し上げます。

本年4月15日、16日には、3年振りに、弊社グループ商品展示会を東京ドームシティのプリズムホールにて開催させて頂く予定にしております。安全・安心に配慮した高品質な商品をご案内できるよう準備を進めておりますので、是非ご期待いただければと思います。

本年も引続き、食材の専門商社・食品メーカーとして、各分野でお取引先さまのお役に立てる企業を目指してまいりますので、変わらぬお引き立ての程よろしくお願い申し上げます。最後になりましたが、皆様のご健勝とご発展をお祈り申し上げます。

正栄食品工業株式会社
本多 市郎

商況案内

カリフォルニア・アーモンド市況

画像クリックで拡大します

現地時間の12月10日に11月末締めのアーモンドポジションレポートが発表されました。

11月末時点での収穫量は20億83百万ポンド(前年比104.8%)で、前年からの繰入在庫を含めた総供給量は23億60百万ポンド(前年比102.3%)となりました。2019年産の最終収穫予想(7月3日発表)は一次予想(5月10日発表)の25億ポンドに対し、22億ポンドと大幅な下方修正となっていましたが、このペースでの受入れが進むと、最終的には24億ポンド程度となる見込みです。
一方で、8月~11月の累計総出荷量は、8億45百万ポンド(前年比104.7%)と好調で、相場の値上がりにより米国内向けの出荷は鈍化しているものの、輸出向けが108%と伸長しています。
なお、11月単月の出荷量は2億36百万ポンド(前年比99.3%)と前年同月をやや下回りましたが、昨年11月は過去最多の出荷を記録していることから、出荷は引き続き堅調であると市場では見られています。
国別の出荷実績ですが、米中の貿易戦争により、中国での米国産アーモンドの輸入関税が60%(報復関税発動前の6倍)まで跳ね上がっていることから、中国向け(香港/ベトナムルートを含む)は前年比64.3%と大幅に落ち込んでいます(累計で43百万ポンドの減少)。
ただし、中国では、輸入関税のかからない豪州産アーモンドへの切替えが進んでいることから、実際には消費の落ち込みは少ないと言われており、今後、米中関係が修復され、関税が緩和されることがあれば、再び米国産アーモンドへの需要が増える可能性があります。
この中国向けの落ち込みをカバーしているのは中東地域で、アラブ首長国連邦向けが24百万ポンド増(前年比209%)、トルコ向けが16百万ポンド増(前年比242%)となっています。また、ヨーロッパ向けも主要消費国向けが軒並み好調(スペイン116%、ドイツ114%、イタリア121%、オランダ118%)であることから、ヨーロッパ全域向けの出荷量は30百万ポンド増加しています。

現地相場ですが、世界的な消費者の健康志向による加工品(製菓用アーモンドプードルやアーモンドミルク用のペースト)への需要増により、加工用の小粒原料(特に、ビュート/パドレ種の小粒サイズ)は、引き続き供給タイト感が強く、相場を底上げする形となっています。
今回の発表により、収穫量は最終予想を上回ることが確実視されてはいますが、上記の通り需要が強いことから、相場は引き続き堅調に推移するものと思われ、米中関係の動きにも注意が必要です。

2019年産カリフォルニア・クルミ市況

減産予想を受け相場は値上がり、高値維持

画像クリックで拡大します

2019年産USクルミの最終予想数量は630,000ショートトン(以下ST)と、昨年比93%の減産予想となっており、その要因については、冬場の霜による木へのダメージ、開花時の強風や降雨による受粉のばらつき等によるものと言われています。
品種別の状況としては、早生・中生については昨年比25~30%減と大幅に減産となりましたが、主要品種であるチャンドラー種に関しては、栽培地域によるばらつきはあるものの微増となりました。
11月末までのパッカーへの受入数量は、最終予想数量を超える632,000STに達していますが、前年からの繰り越し在庫を含めた総供給量は、698,000STと昨年比94%程度となる見込みです。
現地相場については、一次予想数量(691,000ST)が豊作見込みであったため、弱含みとなることが期待されていましたが、2019年産の早生・中生の生育状況が芳しくないことから、8月末に発表された最終予想数量は大幅な下方修正となり、現地相場はその内容を受け一気に高騰しました。また、9~11月にかけては、前年をやや上回るペースで出荷が進み、3ヶ月間の累計出荷量は前年比101.5%と好調であることから、12月初旬の段階で現地相場はさらに値上がりしています。

2019年中国産松の実市況

繰越在庫がほぼなく、現地相場高値維持

画像クリックで拡大します

2019年産松の実は、昨年同の小作(殻付きベース2018年産5万トン→今期5万トン)との現地情報が入っています。
今期は、繰越在庫が少ない状況であること、中国国内向け松の実のスナック需要が相変わらず好調とのことで、高値が維持されています。
尚、来期(2020年の10~11月頃)の松笠の数は多いと予想しているため、殻付き換算で10万トンと豊作を予想していますが、天候や自然災害の可能性もあるため、あくまで現時点の予想です。
今年の現地相場につきましては、2020年産新物収穫状況が見えてくるまでは現地相場が相変わらず強含みと予想されます。
収穫量につきましては、統計機関がないために不明ですが、業界内予想です。

海外乳製品市況

画像クリックで拡大します

海外乳製品相場は製品ごとにまだら模様となっています。主要生産国での生乳生産量は欧州・米国ともに微増、豪州・ニュージーランド(以下NZ)ともに減少となっていますがトータルで見ると微増となっています。また、NZは昨年比で減少となっているものの昨年が例年にない好調な生産であり今年の生産量も比較的高い水準となっており供給不安は起きていません。
製品別にみた場合、バターは小幅な上下を繰り返しながらも馴らすと横這い傾向にあります。民間在庫が潤沢にあり落ち着いた相場が続いています。過去3年の乱高下を避けたい需要家がマーガリン等に移ったことも背景にあるようです。
NZ産はFOB$3,990/mt近辺、欧州産はFOB$3,980/mt近辺となっており、引き続き欧州産がNZ産を下回る価格の逆転が続いていますが価格差は収斂しつつあります。
脱脂粉乳は今年始めに欧州政府買入在庫の売却完了と共に勢いに乗り上昇を続けています。その流れを受け全脂粉乳も緩やかながら上昇を続けています。NZ産全脂粉乳はFOB$3,330/mt近辺、脱脂粉乳は$3,070/mt近辺、欧州産全脂粉乳は$3,420/mt近辺、脱脂粉乳は$2,840/mt近辺となっています。当面も同様の相場が続くと予想されます。
なお、国内に目を向けると国産脱脂粉乳とホエイは潤沢にあり、供給が十分にある上に一部特値販売も見られ輸入品との価格逆転も見られます。バターに関しても供給制限から一転しポンド含めて十分な供給がある状況となっています。

商品案内

安納芋ペーストのご案内

画像クリックで拡大します

近年、焼き芋ブームの影響からさつまいもが注目されており、中でもねっとりとした食感で甘みの強い安納芋の知名度は高く、和洋菓子をはじめ、流通菓子やアイスクリーム、菓子パンなど幅広い商品で使用されています。
今回は新商品として、濃厚な甘みの「焼き安納芋ペースト」と安納芋をくちどけなめらかなペーストに仕上げた「安納芋ペーストエキストラファインNON」の2品をご紹介いたします。

■焼き安納芋ペースト
特長
ねっとりとした強い甘みと鮮やかな橙色の色調が特徴の安納芋を焼成し、練り上げたペーストです。
加糖せず、安納芋100%で仕上げております。
原料の安納芋はすべて鹿児島県種子島産を使用しております。

原材料名 さつまいも
荷  姿 10kg(5kg×2袋)
     12kg(2kg×6袋) ※受注生産品
保存方法 要冷凍 (-18℃以下)
賞味期限 3年(製造日を含む)
製造工場 株式会社京まろん天草工場


■安納芋ペーストエキストラファインNON
特長
安納芋を0.3mm(50メッシュ相当)で裏ごした口当たりなめらかなペーストで、アイスクリームやプリンなどの商品に最適です。
原料の安納芋はすべて鹿児島県種子島産を使用しております。

原材料名 さつまいも
荷姿 12kg(1kg×12袋)
     10kg(5kg×2袋) ※受注生産品
保存方法 要冷凍(-18℃以下)
賞味期限 3年(製造日を含む)
製造工場 株式会社京まろん天草工場


今回、ご紹介した商品の他にも、九州産の高系14号(宮崎紅、紅さつま)を使用した「さつま芋ペースト(加糖)」も取り扱いがございます。


■さつま芋ペースト(加糖)
国産のさつま芋(高系14号)を蒸し上げたペーストです。黄色くほくほくとした食感で、芋の風味が濃厚な状態に仕上げています。

原材料名 さつまいも、砂糖/酸化防止剤(ビタミンC)
荷姿 12kg(1kg×12袋)
     10kg(5kg×2袋) ※受注生産品
保存方法 要冷凍(-18℃以下)
賞味期限 3年(製造日を含む)
製造工場 株式会社京まろん天草工場


ぜひ、弊社のさつまいも製品について、お問い合わせくださいますよう、お願い申し上げます。

正栄だより

スーパーマーケット・トレードショー2020のご案内

スーパーマーケット・トレードショーは、スーパーマーケットを中心とする食品流通業界に最新情報を発信する商談展示会です。
全国のスーパーマーケットを中心とした小売業をはじめ、卸・商社、中食、外食、海外などから多数のバイヤーにご来場いただいており、出展者の新たな販路やビジネスチャンスにつながる場として、今回で54回目の開催となります。
小売・中食・外食業界それぞれの来場者・出展者が、相互に交流や情報交換を行うことで、新たな販路やビジネスチャンスを創出し、日本のフードビジネス全体の発展に貢献することを目的にしています。(前回の来場実績は88,412名)


開催日時:2020年2月12日(水)~14日(金) 10時~17時  ※最終日のみ16時まで
会  場:幕張メッセ 全館 
ブース番号:2-114

昨年新発売いたしました素焼きミックスナッツ6種、4種のロカボミックスナッツ7をメインに様々なリテール商品を取り揃え、春のリニューアル品もご案内させていただきます。
また、筑波乳業株式会社の無添加 濃いアーモンドミルク 砂糖不使用の試飲も行ないます。
ご多忙中とは存じますが、是非ともご来場いただき、弊社ブースにお立ち寄りいただきます様、お願い申し上げます。

Sweets News

アステリスク

画像クリックで拡大します

代々木上原にある「アステリスク」は人気パティシエ和泉シェフによって作り出されるアート作品のような立体感のあるケーキが綺麗にショーケースに並んでいます。
今回はラムレーズンSPを使用したレーズンサンドを紹介いたします。

通常のレーズンサンドのようなサブレではなく、ヘーゼルナッツパウダー入りのダックワーズ生地をクロッカンのようにカリカリに焼き、クリームをサンドしています。お菓子屋さんならではのカリッとした食感を味わっていただくためです。
中のバタークリームにはレーズンの味・風味をよく出すために卵白を使用した軽めのクリームとラムレーズンを合わせています。最初はバタークリームの上にラムレーズンを並べてサンドをしましたが、クリームとレーズンを合わせミキサーにかけたところホールのレーズンが程よく粉砕され風味がより出ました。また、そのまま生地に絞れることから作業性も良いです。
ラムレーズンSPはクリームと合せても潰れすぎず食感が残りながらも、身が柔らかいところが気に入っています。また、お店で漬け込むと時間がかかりますが味や風味も良く完成度が高いです。

新しいお菓子を作る際に大事にしていることは、リラックスした頭でアイディアを持ち、常に考えるようにしています。それが何らかのきっかけや刺激を受け、新しいお菓子が生まれることがあります。また、流行に流されることなく美味しいと思ったものは自分の目でしっかり確認し、ショーケースに入れた時に違和感のないものを作るように心掛けています。

これからの目標は、お客さんがケーキや焼き菓子を購入する際にゆっくり考えることのできるようなゆったりとしたお店づくりをしたいです。また、代々木上原を発信にお酒や料理などお菓子の枠に限らず自由な発想で幅広く挑戦していきたいです。

一覧へ戻る
Page top