SHOEI NEWS2020年 10月号 Vol.248

CONTENTS

商況案内

2020年産カリフォルニア・アーモンド市況

8月末時点での2020年産の収穫量は272百万ポンド(前年比135.83%)

画像クリックで拡大します

現地時間の9月11日に8月末締めのアーモンドポジションレポートが発表されました。
8月は2020年産の初月(アーモンド年度は8月1日から翌年7月31日)に当たり、まだ収穫序盤の数字ではありますが、昨年より早めに収穫が開始されたこともあり、2020年産8月単月の収穫量は272百万ポンド(前年比135.83%)となりました。※7月7日に発表されたNASS(米国農業統計局)による2020年産の年間最終収穫予想は、過去最多の30億ポンド(前年比118%)。
一方、8月単月の出荷量も193百万ポンド(前年比131%)と大幅に伸張し、相場の値下がりによって需要が急激に増加していることがうかがえます。特に、海外向けの輸出数量は127百万ポンド(前年比149%)と大幅に増加しており、国別ではインド(40.5百万ポンド:前年比205%)、スペイン(15.5百万ポンド:同112%)、ドイツ(9.5百万ポンド:同142%)、イタリア(7.2百万ポンド:同170%)、UAE(4.3百万ポンド:同145%)、中国/香港(4.5百万ポンド:同150%)と、主要消費国の多くが前年同月より増加しています。日本向けも、直近3ヶ月間は大幅な前年割れ(5月78.5%、6月71.4%、7月87.7%)が続いていましたが、8月は2.8百万ポンド(112%)と4ヶ月ぶりに前年実績を上回りました。
加えて、相場の値下がりにより成約が順調に進んでいることから、8月末時点での成約済み未出荷数量は10億56百万ポンド(前年比188%)にのぼります。上記8月の出荷数量を加えると12億49百万ポンドとなり、2020年度の総供給量33億90百万ポンド(繰越し含む)に対し、37%がすでに販売済みということになります。
現地相場はポジションレポートの発表前に引き合いが増加したことから、9月初旬にポンドあたり10セント以上値上がりしていましたが、レポートの内容が市場の予想を大きく上回る内容であったことから、発表後はより一層の強含みとなっています。
特にノンパレル種については原料が工場に入荷しサイジングが進むに連れ、2020年産のサイズが例年よりも小粒傾向であることが明らかになっていることから、大粒サイズは オファーが取り付けづらくなっており、サイズ毎の価格差も8月下旬まではポンドあたり3~5セントであったのに対し、現在は10~20セントまで広がっています。このため、ノンパレルEX#1の価格は、23/25でUS$2.70/lb近辺、25/27でUS$2.50/lb近辺まで値上がりしています。

カリフォルニア・クルミ市況

2020年産カリフォルニア・クルミ最終予想数量発表

画像クリックで拡大します

カリフォルニア現地時間の8月28日に、2020年産カリフォルニアクルミの最終収穫予想が780,000ショートトン(以下ST)と発表されました。この予想は、アメリカ農務省統計局が8月1日~20日の間に、725ブロックの農園より、ブロックあたり2本ずつの木からサンプリングを行ない算出したものとなります。
算出根拠に影響する収穫可能面積は380,000エーカーと、昨年に比べ15,000エーカー増加し、クルミの木一本あたりの結実数は1,197粒と前年比122%となったことから、最終予想数量としては、昨年の653,000STから大幅な増産見込みとなりました(前年比119%)。
また、2019年産の繰り越し在庫は、60,000ST前後の見込みで、総供給量としては、840,000ST程度(前年比117%)になるものと予想されています。
2020年産のカリフォルニアクルミの生育状況としては、暖冬と降雨が少なかった影響により、例年よりも早く灌漑用水を使用する状況となりました。4月には降雨による病果発生の懸念もありましたが、5月以降、気候も安定し生育は順調に進みました。
しかしながら、8月に入り、熱波の影響により気温が上昇したことで、早生・中生品種にて、サンバーン(日焼け)やシュリブル(過乾燥果、未熟果)の割合が増加するのでは?との懸念が出てきています。なお、現地では9月中旬に収穫が開始致しました。懸念されていた熱波による品質への影響については、早生品種で一部地域に影響が出ているものの、概ね問題ないとの情報が入ってきております。
昨年は、最終予想数量の大幅な下方修正によりオープニング直後に価格が急騰したことで、12月以降の出荷量は前年割れにて推移し、更には新型コロナウィルスの影響も重なり、世界的に需要が落ち込んだことにより、3月以降、現地相場は軟調に転じました。
6月以降、出荷は回復傾向にあるものの、7月末時点での累計の出荷量は、未だ前年割れ(前年比94.5%)にて推移しています。
今回発表された最終予想数量は、7月末に発表された第一次予想数量(724,000ST)から、大幅な上方修正となったため、現在の世界的な需給状況を鑑みますと、現地相場は、軟調に推移していくものと予想されます。

2020年カリフォルニア産レーズン状況

現段階での収穫量見込みは220,000~230,000ショートトン

画像クリックで拡大します

8月を迎え、現地カリフォルニア州フレズノは収穫・天日乾燥の最盛期に入りました。天日乾燥の期間が長いDOV乾燥へ使われることが多い早生種のセルマピートやドーバイン、フィエスタなどから乾燥が始まっています。
2020年産はバンチカウント(木1本あたりの房数))がやや少なく、例年30~33のところ27程度と言われています。
現地関係筋の情報によりますと、現段階での収穫量見込みは220,000~230,000ショートトン(以下ST)で、大きな天候不順が無くぶどうは順調に生育したとのことで、あとは降水量が増え始める10月初旬までに雨に降られることが無く天日乾燥が終了することを祈るばかりです。
カリフォルニアレーズン協会発表のレーズンの出荷量ですが、2019/2020シーズンは241,876STで前年比23%増となりました。中でもアメリカ・カナダの北米向け出荷量は前年比27%増で、アメリカ国内のコロナウイルス蔓延による”巣ごもり需要” が増加要因として挙げられます。
また、集荷量(収穫量)は253,424STとなり、同協会が昨年10月に発表した収穫予想249,200STを僅かながら上回りました。
8月からの2020/2021シーズンへの繰越在庫はおよそ150,000ST程度と言われており、新年度も十分な供給量が見込まれています。
一方で、農家は現価格帯には満足しておらず、依然ナッツ類への転作を続けています。今後も栽培面積は少しづつ減少していく可能性が有り、価格動向には注意が必要です。

2020年産カリフォルニア・プルーン収穫予想

50,000~55,000STと昨年の収穫量88,000STから約37~43%減少予想

画像クリックで拡大します

現地関係筋の情報によりますと、7月時点では、収穫予想は75,000ショートトン(以下ST)程度と予想されていましたが、収穫が進むにつれ、単収の悪化(果実の落下・生産性の低下など)が明らかとなり、9月中旬の時点で50,000~55,000STと昨年の収穫量88,000STから約37~43%減少するとの悲観的な見方が大勢を占めています。
2019年からの繰り越し在庫数量と合わせて、総供給量は135,000~140,000STとなり、供給には問題無いものの、サイズによっては逼迫する状況も考えられることから、引き続き動向に注意が必要です。
カリフォルニアプルーン協会発表の出荷量・在庫情報によりますと、2019/2020年度(2019年8月1日~2020年7月31日まで)の出荷量は87,252STで前年同期比13.9%増となっています。
出荷量は伸びていますが、前年度からの繰り越し在庫が多かったことから、7月末の期末在庫は前年同期とほぼ同数量となる84,226STとなっています

商品案内

サンライズ・厳選大粒プルーン400g種抜きのご案内

画像クリックで拡大します

サンライズ・厳選大粒プルーンは発売以来多くの方にご愛顧を賜っておりますが、この度10月に実施されるカリフォルニアプルーン協会のTVCMキャンペーンに合わせ、拡売キャンペーンを実施いたします。

<商品特長>
プルーンには食物繊維・カリウムが含まれており、近年増加する健康志向の消費者の方々に長年支えられております。
当商品はカリフォルニアプルーンの中でも大粒のものだけを厳選し、弊社独自の製法でやわらかく 仕上げました。保存料は一切使用しておりませんので、口いっぱいにプルーンの風味をお楽しみいただけます。

・大粒サイズ  大きく熟した食べ応えのある大粒のプルーンだけを使用しました。

・保存料不使用  独自の製法により、プルーンのイキイキとした風味を味わえます。

カリフォルニア州に位置するサンスイート社での現地一貫製造により、保存料は一切使用せず、よりプルーン本来の風味を感じられる弊社独自の三段階加熱製法を採用。連続した生産ラインにおいて、加熱工程を3段階に分けることで、品質を保持しながら一般的なプルーン商品に比べ熱履歴が短くなるように仕上げています。


荷姿 400g×20袋/ケース
保存方法 常 温
賞味期間 1年間
包装形態 平袋
内容量 400g
希望小売価格 860円(税別)

・キャンペーン期間:2020年9月1日~2020年11月30日

キャンペーンの内容につきましては、弊社営業担当者までお問合せいただけます様、よろしくお願い申し上げます。

筑波乳業株式会社より ヨーグルトペースト1kgのご案内

酸味のある加糖タイプのヨーグルトペーストです

画像クリックで拡大します

生乳・生クリームを乳酸菌で発酵させた後、砂糖を加え加熱殺菌した発酵乳をスパウト付パウチに詰めました。
ハンディタイプで衛生的に注ぎ易く利便性があり、ご使用後の折りたたみ・廃棄時の減容化を考慮したエコタイプです。
キャップ付き1kgの使いやすい荷姿で、製菓・製パン、チョコレート、飴、飲料、アイスクリーム等に幅広くお使いいただけます。

<商品特長>                     
・原料 生乳・生クリーム使用
・味  さわやかな酸味と乳のコク
・保存 殺菌タイプだから長期保存可能 ※未開封の場合
・清潔 キャップ付き容器で衛生的

種類別 発酵乳(殺菌)
無脂乳固形分 8.1%  パッケージ裏面の数値は下限値です
乳脂肪分 3.1%
原材料名 砂糖(国内製造)、生乳、脱脂粉乳、クリーム
添加物 酸味料、香料、リン酸塩(Na)
荷姿 1kg×6袋
賞味期限 製造後300日
保存方法 常温

栄養成分表示(100g当たり)
エネルギー 280kcal
たんぱく質 3.0g
脂質 3.1g
炭水化物 60.0g
食塩相当量 0.2g

<使用例>
マンゴーラッシー、チーズタルト、ヨーグルトグレーズ、トッピング、パン・菓子

商品のリーフレット、レシピをご用意しておりますので、詳細は弊社営業担当者までお問合せいただけます様、よろしくお願いいたします。

正栄だより

食品営業部 事務所移転のご案内

画像クリックで拡大します

この度、弊社食品営業部の事務所は、下記のとおり移転することになりましたので謹んでご案内申し上げます。
今後とも倍旧のご支援を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

■新住所
〒110-0006
東京都台東区秋葉原2-3 日本農業新聞本社ビル2階-202

電話番号:03-3253-4174 FAX番号:03-3253-1276

※ 電話番号、FAX番号はともに変更はございません。
※ 食品営業部宛の書類・荷物につきましては、新住所に送付願います。

尚、請求書等には今後とも本社住所が記載されますので、ご留意願います。

■業務開始日
令和2年9月23日(水)午前9時00分より

株式会社正栄デリシィ東京本社 移転のご案内

画像クリックで拡大します

この度、株式会社正栄デリシィ東京本社は、下記のとおり移転することとなりましたので謹んでご案内申し上げます。
これを機に、一層皆様方のお役に立てるよう努めてまいる所存でございますので、今後ともご指導ご鞭撻の程お願い申し上げます。


■新住所
〒110-0006
東京都台東区秋葉原2-3 日本農業新聞本社ビル2階-201

電話番号:03-3253-8621(代表)

※ 現在使用のものと変更はございません。また、各部署の専用電話・FAX番号も現在使用のものと変更はございません。

■業務開始日
令和2年9月23日(水)午前9時00分より

Sweets News

パティスリー セレネー 

画像クリックで拡大します

令和2年7月、熊本は広範囲の豪雨災害で多大な被害を受けました。被災された皆様にはお見舞いを申し上げます。

根津にあるパティスリーセレネーはオープンして三十一年、当初から通われている常連様もいるほど地元に愛され、深く根付いたお店です。 
当店では、豪雨で被害を受けた熊本県を元気づけたいという災害復興への願いを込めて、チャリティーイベントを行ないました。熊本県の特産品である「あまくさ晩柑」を使用したパウンドケーキを作り、一個につき千円以上の値段をお客様に決めていただき支援金を募りました。売上金額は全てを熊本県洋菓子協会へ寄付しています。
このパウンドケーキに協賛いただいた「あまくさ晩柑ピールミンチ」「あまくさ晩柑ピールダイス」を紹介いたします。
 
パウンドケーキは卵と砂糖をしっかり泡立て、溶かしたバター、粉類の順にさっくりと合わせた後に温めた生クリームとあまくさ晩柑ピールのミンチとダイスを混ぜ込んで焼成をしています。
このような製法で全体的に軽く仕上がり、食べた時に晩柑の爽やかな香りが口の中に広がります。さらにダイスをたっぷり混ぜ込んでいるので果肉感もしっかりと感じられます。
あまくさ晩柑ピールは他の柑橘類にはない香りと、いい意味での苦みが以前から気に入っており、チョコレート菓子に合わせて販売したこともあります。

チャリティイベントを始めたきっかけは、東日本大震災の際に電車も動かず帰宅難民となった大勢の方が店舗の前を不安な面持ちで歩いて帰宅するのを見て、お菓子屋として何か出来たのではないかと後悔をしたことでした。
東日本大震災のあと、福島で定期的にチャリティー講習会を地元の仲間と始め、今回の豪雨災害でも復興の支援をしたいと思いました。

オープンして以来、全て手作りの美味しさにこだわってお菓子を作ってきました。地元に根付いているだけにお客様は慣れ親しんだ味に敏感なので、味を変えないことが一番大事です。
そしてより良い材料を使用し、セレネーのお菓子は常に進化をし続けます。

一覧へ戻る
Page top