SHOEI NEWS2021年 2月号 Vol.252

CONTENTS

商況案内

2020年産カリフォルニア・アーモンド市況

最終的な収穫量は最終収穫予想の30億ポンドを上回る可能性が高い

画像クリックで拡大します

現地時間の1月12日に12月末締めのアーモンドポジションレポートが発表されました。12月末までの累計収穫量は、28億69百万ポンド(前年比120.3%)となり、11月末から4億55百万ポンド増加(前年比150.7%)しています。
例年であれば、12月以降は受け入れ数量が大幅に減少しますが、2020年産は過去最大の豊作見込みであり、パッカーでの受け入れに時間を要していることから、減少幅が少なく、最終的な収穫量は最終収穫予想の30億ポンドを上回る可能性が高いようです。
一方、12月末までの累計出荷数は、12億83百万ポンド(前年比122.1%)となりました。
また、12月単月の出荷量は、2億56百万ポンド(前年比124%)と12月単月出荷実績としては過去最多となっています。
出荷先の内訳をみると、アメリカ国内向けが60百万ポンド(前年比105.7%)、輸出向けが1億96百万ポンド(前年比132.1%)といずれも堅調に推移しています。
とりわけインドへの出荷は39百万ポンド(前年比163%)とここ数カ月好調を維持しており、また、旧正月の準備により中国への出荷も19百万ポンド(前年比763%)と大幅に増加しています。
12月の成約数量は1億72百万ポンド(前年比103.9%)と成約ペースはやや落ち着いてきているものの、12月末までの累計出荷実績と12月末時点での現地成約数量を合わせると22億4百万ポンド(前年比132.7%)となり、繰越在庫を含めた今シーズンの総供給見込数量33億9千万ポンドの内、65%が既に販売済みということになります。
昨年の春先以降、値下げ基調が続いたことによって需要が掘り起こされ、過去最大の豊作にもかかわらず驚異的なペースで成約が続いたことから、売り手側は現状の市場価格に手応えを感じており、フリー在庫が徐々に減っていく中で、先高を見込むパッカーや農家においてはオファー価格の出し渋りがみられます(特に長期のオファーは入手が困難な状況となっています)。
2月中旬より現地は2021年産の開花時期を迎えることとなりますが、ここにきて水不足の懸念などネガティブな情報も飛び交うようになってきています。
特に、2020年産は現物の供給がタイトになりつつあることから、今後も強気の姿勢が続くものと思われます。

2020年中国産柏葉市況

平年作の原料葉及び例年と同等の製品仕上がり

画像クリックで拡大します

2020年産柏葉は天候に恵まれ、まとまった積雪及び降水により原料葉の成長期において、水不足等も発生せず、平年作となりました。
収穫後の加工では、弊社中国現地スタッフが生産の現地の様子立ち合いを行ない、例年と同等の製品仕上がりとなっています。
近年の販売動向は小さ目の柏葉を使用し、餅を見えるように巻いた製品が増加傾向にあり、Mサイズで短めにカットした物、型で抜いたタイプ等の需要が多くなっています。
小さいサイズの商品に関しましては、早めの手当てをお勧めいたします。
弊社の真空柏葉は中国遼寧省、河北省の山々に自生している柏葉を採り、弊社協力工場で一枚一枚の葉を洗浄して異物除去、サイズ・色調、形状等について徹底した選別を行ない、製品化しております。
厳しい管理基準に基づいて製造された安全・安心な商品で、茶色と緑色の葉を各サイズをご用意しております。
詳細につきましては弊社の営業担当者までお問い合わせいただけます様、よろしくお願い申し上げます。

2020年産中国パンプキンシード市況

パンプキンシード(西北産光板種)の収穫量は200,000トンで、昨年並み

画像クリックで拡大します

現在、世界で流通している中国産パンプキンシードは、その殆どが内モンゴル自治区、新疆ウイグル自治区等の西北地方で収穫されているものになり、弊社が取扱っている商品においても、内モンゴル自治区を中心とした西北産光板種が原料になっています。
2020年産中国パンプキンシード(西北産光板種)の収穫量は200,000トンで、昨年並みになった模様です。
収穫直後の10月頃は、昨年からの繰り越しが多く、全体的な相場は一時下落しました。
しかしながら、欧州向けの品種(他品種)が減産となったことで価格が上昇し、2021年1月現在では、前年並みの価格帯で推移しています。
今後の現地相場は、消費量の多い欧米でのコロナ禍継続 により、需要が不透明な状況であり、販売動向には注視が必要となりますが、当面は現状の価格で推移していくものと考えられます。
尚、今年の政府の政策でトウモロコシ、大豆、綿などを栽培すると補助金が支給されるとの情報も入ってきており、2021年産については、転作に伴う栽培面積の減少が懸念されています。

2020年産国産ふじりんご市況

鈴木食品製造株式会社より

画像クリックで拡大します

ふじりんごは国産りんご全収穫量の51%を占める主力品種となります。
国産りんごの収穫量は2000年頃まで約100万トン前後の収穫量がありましたが、近年は70万トン~80万トンで推移しています。
2019年の収穫量は品種全体で70万1,600トン、ふじりんごの収穫量は35万9,300トンで51.2%でした。(※農林水産省統計)
2020年春先は暖冬の影響で降雪が少なく平年以上の日照時間が確保された結果、青森県で平年より11日早く、山形県でも8日早く発芽となりましたが、その後の天候状況で開花期には平年より2日早い程度となりました。
また山形県では7月末の豪雨で最上川の氾濫が発生しました。
りんご農園は山間地が多数ですが、一部の農園で斜面の崩落や浸水被害が見られましが、8月後半から9月前半にかけては好天が続き、昨年より日照時間が多く、果実の生育が順調に進みました。
収穫最盛期は青森県では11月第1週、山形県で11月第2週から第3週にかけてとなりました。
青森県の発表では2020年産りんごは全般的に果実の生育・着色が良く仕上がりは良好です。
山形県では近年カビ病の一種である黒星病が多発し果実の品質が悪く、生鮮用はもちろんのこと加工用途としても使えない果実が増加する傾向にありましたが、県の指導による防除が徹底されたことで昨年よりも病害発生が低く抑えられています。
2020年産りんごは品質が良く作柄は平年並みで、品質は糖度・蜜入りも良く食味は良好です。
そのため、山形産りんごは生食向けの需要が高く加工用原料が集め難い状況となっています。
一方青森県では、りんご収穫後に鮮度を保つために冷蔵庫等で貯蔵することから、長期間にわたって出荷することができます。
約37万トン(平成29年10月末現在)の貯蔵設備がありその約半分が長期保存に向くCA冷蔵庫となっています。

*CA貯蔵(Controlled Atmosphere:空気調整)とは、酸素・二酸化炭素・窒素・温度・湿度を調整し、鮮度よく長期の貯蔵を可能とする方法です。
りんごの呼吸を最低限まで抑えることができ、りんごの長期保存に適していると言われています。

国産りんごは近年3万トン前後が輸出されています。貿易統計データベースによると、2019年は総輸出量35,888トンの内、台湾への輸出が全体の68.8%となる24,706トン、次いで香港が25.4%となっています。
色付きが良く食味良好な日本産りんごは、現地で米国・チリ・ニュージーランド等の産地の2倍以上の単価で販売されているスーパーもあるようです。
今年はコロナ禍の影響で現地でのプロモーションが出来ない状況ですが、青森県りんご対策協議会が現地テレビ局にリモート出演し、販売プロモーションを行なっているそうです。
当社ブランド委託製造会社では、りんごプレザーブをはじめとしたふじりんご加工品の製造は年明けから3月下旬にかけて本格的に行ないます。
使用りんご原料の約半数は年明けの購入となり、生鮮市場との兼合いで原料市場価格を見通すことは難しいですが、概ね昨年並みの価格で手当てできる見込みです。
詳細につきましては、営業担当者までお問い合わせいただけます様、よろしくお願い申し上げます。

2020年カカオ豆市況

大東カカオ株式会社より

画像クリックで拡大します

1.相場推移
2020年初のカカオ豆相場(ロンドンココア先物定期第2限月 以下同様)は1,796ポンド/トンにて始まり、西アフリカ産地での降雨量減少を材料に、相場は2月7日に2020年最高値となる2,074ポンド/トンまで上昇しました。
2月中旬以降は、新型コロナウイルスが欧州へ拡大したと報じられたことで投機市場はリスクオフとなり、カカオ相場も売り込まれたため、4月1日には1,740ポンド/トンまで下落しました。
4月から5月にかけては、4月中旬に発表された2020年第1四半期磨砕量統計の結果が、新型コロナウイルス蔓延により低迷すると考えられていた市場予想に反して、好調な結果であったことで相場は上昇基調となりました。
6月からは、新型コロナウイルス感染拡大の第2波警戒を発端とする投機筋の売りによって相場は下落し、7月16日には2020年最安値となる1,525ポンド/トンをつけました。
7月中旬には第2四半期磨砕量統計が発表され、第1四半期に続いて市場予想と比較して好調な結果であったことから、統計発表以降は投機筋の買戻しが優勢となり、相場は上昇しました。
調整局面を挟みつつ上昇は9月まで続き、9月15日には1,904ポンド/トンをつけました。
10月から11月中旬にかけては、10月から開始する2020/21クロップのカカオ豆生産状況が好調であったことに加え、ここまでの相場上昇で投機筋の買い建玉が積み上がっていたことから、相場は下落に転じました。
11月中旬から末にかけては、米チョコレート製造大手がニューヨーク先物市場にてカカオ豆の現受け(※)を行なったことに起因し、投機筋の買いも相まって相場は急伸しました。
12月に入り、投機筋の売りとイギリスポンドがドルに対して強含んだことによる通貨要因によって市場は下落し、1,676ポンド/トンにて年末を迎えました。
  
※チョコレート原料として多く使用される西アフリカ産カカオ豆は、一般的にプレミアム+LID(カカオ農家の収入向上のための生活収入差額)+先物市場価格にて取引されます。
 ただし、先物市場にて買い建玉を保持することで、当該限月の市場取引期日に、買い建玉の価格にて認証在庫(産地指定不可)を買い受けることができ、これを現受けと呼称します。

2.今後の見通し
20/21クロップの生産量は順調である一方、新型コロナウイルス蔓延によるカカオ豆需要の低迷は続いているため、カカオ豆のファンダメンタルズのみを見れば、今後の相場は軟調に推移すると思われます。
ただし、今後の世界経済の状況に応じて、カカオ豆相場に大きな影響を持つ投機筋がリスクオンの戦略を取り、買い建玉を積み上げることで相場が上昇することも十分に考えられます。
そのため、今後のカカオ豆相場は新型コロナウイルスを始めとした世界経済に関連する外部状況に左右されることが多くなると予想されます。

商品案内

ローストパンプキンシード延吉秀愛製品のご案内

画像クリックで拡大します

弊社のローストパンプキンシードは、延吉秀愛有限公司で機械選別及び、目視による静置テーブル選別した原料を筑波乳業株式会社でロースト、最終選別した商品になりますが、今回新規でご案内する商品は、延吉秀愛で新たに導入したロースターで生産しました同等の商品です。
延吉で一貫生産することで生産効率が向上し、コスト削減が可能となり、また窒素充填することにより賞味期限も長くなりました。

商品名 ローストパンプキンシード(エンキチ)
荷姿 10kg
賞味期限 製造後180日(窒素充填仕様)
保存方法 要冷蔵

※ 輸入リードタイムは、約2ヵ月必要となります。

詳細につきましては、弊社営業担当者までお問い合わせいただけます様、よろしくお願い申し上げます。

糖置換ドライフルーツファインカットのご案内

今回、正栄ニュース表紙の「ベリードレッシング」に使用しました糖置換ドライフルーツファインカットをご紹介いたします。

画像クリックで拡大します

ドライフルーツでは今までにない、非常に細かなカットサイズを実現しました。
細かなサイズで生地やクリーム類への分散性が高まり、また製造ライン中のノズル詰まりも解消可能です。
生地やサンドクリーム類への分散性が高まり、また製造ライン中のノズル詰まりも解消可能です。様々な用途にご使用いただけるファインカットシリーズを是非ご利用ください。


商品名 ストロベリーファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥いちご(いちご、砂糖、ぶどう糖)、砂糖、コーンスターチ/乳化剤、酸味料
内容量 10kg(5kg×2袋)、6kg(1kg×6袋)
賞味期限 1年
保存方法 要冷蔵
原産国名 中国
製造工場 ㈱京まろん水海道工場

商品名 オレンジピールファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥オレンジピール(オレンジピール、果糖 ぶどう糖液糖、ぶどう糖)、砂糖、コーンスターチ/酸味料、乳化剤
内容量 10kg(5kg×2袋)、6kg(1kg×6袋)
賞味期限 1年
保存方法 要冷蔵
原産国名 中国
製造工場 ㈱京まろん水海道工場

商品名 ラズベリーファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥ラズベリー(ラズベリー、砂糖)、ぶどう糖/酸味料
内容量 10kg(5kg×2袋)、6kg(1kg×6袋)
賞味期限 1年
保存方法 要冷蔵
原産国名 中国
製造工場 ㈱京まろん水海道工場

商品名 マンゴーファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥マンゴー(マンゴー、砂糖)、砂糖、コーンスターチ/乳化剤
内容量 10kg(5kg×2袋)、6kg(1kg×6袋)
賞味期限 1年
保存方法 要冷蔵
原産国名 フィリピン
製造工場 ㈱京まろん水海道工場

商品名 クランベリーファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥クランベリー(クランベリー、砂糖、植物油脂)、ぶどう糖
内容量 10kg(5kg×2袋)、6kg(1kg×6袋)
賞味期限 1年
保存方法 冷暗所
原産国名 アメリカ
製造工場 ㈱京まろん水海道工場

商品名 ブルーベリーファインカット
名 称 果実加工品
原材料名 糖漬け乾燥ブルーベリー(ブルーベリー、砂糖、植物油脂)、ぶどう糖
賞味期限 1年
保存方法 要冷蔵
原産国名 アメリカ
製造工場 ㈱京まろん水海道工場


「ベリードレッシング」

いちごとクランベリーの果肉が入った甘酸っぱいフルーティなドレッシングです。
ドライフルーツを細かくカットしたファインカットは分散性が良く、果肉のつぶつぶ感のあるドレッシングが出来上がります。
商品の詳細及びレシピは、弊社営業担当者までお問合せお願いいたします。

ソフメイクショコラ Sofmake chocolat 2021年1月発売!

大東カカオ株式会社より 新製品のご案内

画像クリックで拡大します

包餡焼成後も焦げずにソフトさを保つフィリング用チョコレート(包餡機対応)
規  格:チョコレート利用商品(チョコレートコーチング)
荷  姿:10kg
賞味期限:365日              
保存条件:28℃以下の冷暗所で保存

包餡焼成後・フライ後も焦げずにとろりとした柔らかさを保つフィリングタイプのチョコレートです。
チョコレートらしい風味がしっかりと感じられるよう配合にもこだわりました。冷めてもレンジアップするととろり感が戻ります。
また、パンなどの表面に線描きし焼成するとべたつかずに固まります。


ソフメイクショコラを使用したレシピのご紹介

■とろっとブラウニー
とろっとしたチョコレートを包んだ濃厚なブラウニーを包餡機で作りました。
<ご提案サンプル>
ソフメイクショコラ、ショコラプードルバニーユ、ココアパウダー

<製法>  
1.無塩バターを溶かし、ショコラプードルバニーユを加え混ぜ合わせる。
2.1にきび砂糖・食塩・焼き菓子用ミックス粉を合わせたものを加えて混ぜ合わせる
3.2に軽く温めた全卵を加えて混ぜ合わせる
4.3にふるった粉類を加えて混ぜ合わせる
5.包餡機の外包に4を、内包にソフメイクショコラ(分量外)をセットする
<仕上げ>
包餡機設定*:外皮材49.5、内皮材17.0、アジテータ30、生産個数15
実測重量:総重量48g(ブラウニー生地36g、ソフメイクショコラ12g)
焼成時間 190/150℃(下天板あり)
焼成温度 18分
型    ドゥマール フレキシパン 1031
ミニマフィン(円)40取  Φ51×高さ29(mm)
※:本配合はレオン自動機株式会社 チビロボCN001を使用し検討を行なった配合です。機種によって差が出る場合がありますのでお含みおきください


■三角チョコパイ
とろりとしたチョコレートをパイで包んで揚げました。
<ご提案サンプル>
ソフメイクショコラ

<製法>  
1.パイシート*を100mm×100mm幅になるようカットする        
  *パイシート480×340×2.5 リボン食品株式会社  
2.カットしたシートの中心付近にソフメイクショコラを20g絞る
3.三角に折りしっかりと閉じる
4.成形を終えたら冷凍庫に入れる
5.185℃の油を用意、生地は冷凍状態のまま油に投入し5分揚げる

正栄だより

2020年クリスマストレンド情報

画像クリックで拡大します

■おうちクリスマスを楽しむ

1年の中でも大変盛り上がるイベントのひとつであるクリスマスですが、2020年は新型コロナウィルスの影響で外出を控えなければならなくなり、家で過ごす〝おうちクリスマス”が主流になったようです。
24日㈭~25日㈮がすべて平日であったため、週末まで4日に渡っての長期間のクリスマスでした。
2020年は外出自粛により、おうちで楽しめる商品やサービス、イベントにお金と時間が流れています。
ホールケーキもよく売れ、売り上げ個数や単価も上がった店舗も多く、テイクアウトやデリバリーで豪華なおうちご飯を楽しんだり、料理やスイーツを手作りするなど、クリスマスの飾りつけをする方も多く見られ、おうち環境で楽しむための行動が多かったようです。


■コロナ禍ならではのクリスマス商戦

コロナ禍でのクリスマスは例年通りにはいかない部分も多く、販売方法や受け渡しにさまざまな取り組みや工夫が見られました。
外出自粛により自宅でのクリスマスパーティー需要が増えることを考慮し、例年よりも2週間も早くクリスマスケーキの受付を開始したところや受け渡し日、場所を分散したりなどして「密」にならない配慮が行なわれていました。
オンラインでの注文は、昨年より好調に推移した模様です。
その中で、通信販売に適した商品が冷凍対応のクリスマスケーキであり、製造面においてもある程度は前倒しで計画生産ができることから需要も高まったようです。
また、今回のクリスマスは「手作り」がキーワードとなりました。
1から作るのは大変だけれど、手作り感も楽しみたい人のためにデコレーションだけを楽しめる真っ白なケーキやデコレーションアイテムのお菓子キットも好調でした。
時間がある方は本格的にスポンジから焼いてケーキ作りに挑戦する人も多かった様です。そのためバターや小麦粉、砂糖などの製菓材料も売れ行きが好調でした。


■クリスマスケーキの傾向

クリスマスケーキの傾向は例年と同じく見た目も華やかないちごショートケーキが不動の人気ですが、家族で過ごす方が増えるということからパッと見て可愛いデザインのケーキも人気だったようです。
見た目が特長的で写真映えするようなケーキも売上が伸長しています。
全体にピスタチオをふんだんに使用した豪華なものや、サンタをモチーフにした赤い帽子が乗っているようなデザインのケーキ、真っ赤なナパージュで表面をつややかに仕上げたものなど、やはりクリスマスカラーである赤と緑を使用したケーキが多く見られました。
また、あるデパートではコロナ禍で打撃を受けた農家や酪農家を応援するべく、そういった生産者の方々の食材、生クリームをふんだんに使用したケーキも登場したようです。
大人数で集まれないことや平日のクリスマスでもあったため、例年以上に1~2人用の小さめサイズのクリスマスケーキに力を入れているところもありました。
それぞれが好きなものを選んだり、少しずついろいろな味を楽しみたいという気分にぴったりな数種類のプチケーキを詰め合わせたアソートケーキは例年通りの人気ですがケーキの取り分けを避けたいという理由もあり、さらに売上好調でした。お金と時間をかけてストレスをリフレッシュできるような少し贅沢な“おうちクリスマス”が多く見られ、外食や旅行に変わるようなケーキが特長として見られました。


■さらなる内食・中食へ

2019年10月から施行された消費税の増税の影響もあり、軽減税率が適用される中食(調理済み食品を購入して家で食べること)や内食(家で調理をして食べること)が伸長しています。
有名ピザチェーンでの事前予約は年々増加傾向にあったものの特に2020年は大幅に増え、直近3年間でも最も予約が多かった2019年と比較すると1.5倍強の予約にのぼり、過去最高予約数だったというデータも見られました。
例年であれば24日のクリスマスイブの予約数が最も多くなりますが、今回は25日が金曜日で週末ということもあり、事前予約数が最も多い結果に。
事前予約の多さから密にならないように屋外での受け渡しや乗車したままで受け取れるドライブスルー、デリバリー面では使い捨ての箱の上に商品を置いて立ち去る置き配サービスなどの工夫もされています。
惣菜店やスーパーマーケットではクリスマスメニューの取り扱いを前年より増やして予約を受け付けるところもありました。
加えて、酒類の売上も好調だったようです。例年、レストランなどの外食でクリスマスを楽しむ方々が外出自粛により家でお酒を飲むことが増加したためです。
中食・内食といった家庭内での喫食は今後もさらに拡大していきそうです。

新型コロナウィルスにより今まで通りの生活が制限され、多方面で変化を迫られた今回のクリスマス商戦。
ニーズに合わせそれぞれ試行錯誤した新しい提案が生まれました。これからは安心で便利なイベントを楽しめるような工夫や取り組みが求められます。


 

一覧へ戻る
Page top