SHOEI NEWS2022年 4月号 Vol.266

CONTENTS

商況案内

2021年産カリフォルニア・アーモンド市況

序盤は一気に開花が進みましたが、北部や中部の農園で霜の被害が発生

画像クリックで拡大します

現地時間の3月11日に発表された2月末締めのアーモンドポジションレポートによると、2月末時点での2021年産カリフォルニアアーモンドの累計収穫量(期間:2021年8月1日~2022年2月28日)は28億92百万ポンド(前年同期比93.7%)となっています。
2月末までの累計出荷量は、14億38百万ポンドと大幅な前年実績割れ(前年比84.0%)となっており、2月単月も1億99百万ポンド(前年比85.0%)と低調に推移しています。 
国別の単月出荷実績を見ると、アメリカ国内向けは53百万ポンド(前年比76.0%)と今年度で一番の落ち込みとなりましたが、数回発生した嵐の影響で国内輸送に大幅な乱れが生じたことや、トラックや運転手の不足により物流サプライチェーンがタイトとなっていることも要因となっているようです。
また、輸出の方は、中東地域で前年比55.0%、特にUAEが6百万ポンド(前年比42.9%)となっており、中国4百万ポンド(前年比63.4%)、ドイツ11百万ポンド(前年比73.0%)は前年を大きく下回っています。
一方で、インドは20百万ポンド(前年比102.0%)、日本は10百万ポンド(前年比101.5%)と前年並みの出荷となっています。
次に成約状況ですが、2月単月の新規成約数は前年同月比で13.8%増加し2億15百万ポンドとなり、相場が一服したことによる需要の回復や、消費国での在庫が徐々に少なくなってきていること、また、2022年産の開花期間に当たる2月下旬に、霜害が発生したことに市場が反応したことなどが背景にあると考えられます。
2022年産の開花は2月10日頃から始まり、序盤は温暖な気候が続いたおかげで一気に開花が進みましたが、2月23日~25日にかけて気温が氷点下となり、北部や中部の農園で霜の被害が発生しました。
地域により開花期間が異なるため、開花が短く早々に散ってしまった農園がある一方で、氷点下まで気温が下がらなかった地域では低温により長く花が残った農園もあり、この霜害による影響を見積もるにはある程度の期間を要する模様です。

2022年産オーストラリア・マカデミアナッツ市況

2022年産の一次収穫予想54,930トン(殻付ベース)

画像クリックで拡大します

現地時間の2月24日にオーストラリアマカデミア協会(AMS)は、2022年産の一次収穫予想を54,930トン(殻付ベース)と発表しました。
2021年産の生産実績51,500トンと比較し6.7%の増産予想に当たります。
また、世界最大の産地である南アフリカでは、南アフリカマカデミア協会(SAMAC)が2022年産の収穫予想を57,723トン(殻付ベース)としており、こちらも前年の収穫実績(54,174トン)から6.6%の増産予想となりました。
2大産地が増産見込みとなったことから、2022年度は需給バランスが緩み、現地相場は 値下がりすることが期待されていましたが、2月下旬より豪州マカデミアの主要産地である東部のクイーンズランド(QLD)州とニューサウスウェールズ(NSW)州にて記録的な大雨が続き、多数の家屋が浸水するなどの洪水被害が深刻となっています。生産量のおおよそ半分を占める北部バンダバーグ地区は現段階でほとんど被害を受けていませんが、その他の地域は洪水の影響を受け(NSW州のリズモアでは130年振りの洪水)、多いところで25%程度の収量減になると予想されています。

※QLD DPI資料より
QLD DPI資料の生産量は水分値10%ベース、AMS水分値は3.5%ベースで算出されているため、見た目の数字が異なります。
尚、現地パッカーの殻付マカデミア受入時は水分値10%が基準となり、受入後の乾燥加工にて殻付マカデミアの水分値が3.5%(剥き実は凡そ1.5%)になります。

豪州産マカデミアの収穫は例年3月より始まり8月まで続きますが、この豪雨が続くと、NSW州のような丘陵地帯では、ぬかるんだ土壌で収穫機が農園に立ち入れず、収穫が遅れる可能性が高く、また、既に豪雨によって木から落下したマカデミアが流されてしまった農家もあるようです。
今回の大雨洪水の影響から、オーストラリアマカデミア協会の一次収穫予想は5月に下方修正される模様です。

海外乳製品市況

画像クリックで拡大します

海外乳製品相場は引き続き同じ傾向が続きほぼ全面高になっています。欧州は1月~2月は小幅上昇となりましたがここに来て再び値上げ幅が大きくなってきています。
一方でオセアニアも引き続き強いペースで価格を上げています。オセアニアではGDTバター価格は最高値を更新し、全脂粉乳・脱脂粉乳も2013~2014年の中国の爆買いで急騰した時以来の価格帯となっています。
需要が堅調に続いている一方で供給はNZで6月~1月の累計で前年比96.2%など主要生乳生産国全てが減産となっており需給が引き締まっていることが背景です。
製品別にみた場合、バターの22年3月相場は22年1月よりさらにNZと欧州共に上昇となっています。
特にNZ産はFOB US$7,090/mt近辺へ急上昇し、欧州産はFOB US$6,830/mt近辺となっています。全製品の中でもバターの値上がりが目立っています。
全脂粉乳は中国需要の一時減退も見られましたが再び戻っている模様です。脱脂粉乳東南アジア・中東の需要が強く上昇しています。
NZ産全脂粉乳はFOB US$4,760/mt近辺、脱脂粉乳はFOB US$4,480/mt近辺、欧州産全脂粉乳はFOB US$5,510/mt近辺、脱脂粉乳はFOB US$4,280/mt近辺となっています。
生乳生産量減少、インフレ加速、物流の混乱、エネルギーコスト上昇による生乳生産コスト上昇と悪い材料が引き続き重なり相場は上昇を続けています。
いずれの要因も改善の見通しが立っておらず、期待されていた4月の欧州の生乳生産量がピークを迎えるに当たっての相場緩和も生産量が芳しくないことから難しくなっており、当面相場は高く推移する見込みです。
ウクライナ紛争に起因するロシアの経済制裁は直接的には乳製品 相場に影響しない見込みですが原油高によるインフレ・生産コスト増は間接的に影響し更なる上昇も見込まれます。
なお、弊社ではロシア産あるいはウクライナ産の乳製品は扱っておらず、ロシアのウクライナ侵攻による直接的な影響は受けない見込みです。
また、現段階では乳製品業界は直接的な影響は受けないとの見込みとなっています。
ウクライナはわずかな輸入があるのみで、ロシアは輸入量が年間100万トン程度あるもののベラルーシ・カザフスタン・キルギスタンのロシア経済圏からの輸入が90%程度となっており、わずかに同国に輸出しているニュージーランドやアルゼンチンも経済制裁で輸出が止まった場合でも影響は軽微と見られています。
一方でロシアへの経済制裁で原油・ガスなどのエネルギー相場が上昇しており、ロシアとウクライナが共に穀物の輸出大国であることから穀物相場も上昇しています。
これらが間接的に酪農あるいは乳業へのコスト増となり乳製品の価格へ影響を与える見込みとなっており、価格面では引き続き注視が必要となります。

国内乳製品市況

画像クリックで拡大します

引き続き国産乳製品の在庫が高い水準にあり、特に脱脂粉乳は危険水域の10万トンに近い高水準となっております。
1月末の推定在庫量はバターで約39,300トン(前年比103%)、脱脂粉乳は約98,800トン(前年比117%)となっており、引き続き非常に高い水準にあります。
生乳生産量が引き続き増産傾向にあることが背景です。1月の生乳生産量は前年比103.5%となっており、今年度は同様のペースで増産が続いています。
国からの在庫削減補助金が功を奏しバターにつきましては一時期4万トン超えだった在庫が年末前に一時減少しましたが、年末の余乳が大量発生したため再び高い水準となっています。
ただ、海外相場が上昇したことで国産への転換も見られ、今後徐々に適正水準に戻ることが予想されます。
脱脂粉乳も増加し続けていますがチルド飲料が不調で改善の兆しが見えていません。
3月に学校給食が春休みと止まる期間に再び乳製品在庫が増加する見込みです。
脱脂粉乳は在庫減少が当面見込まれないことから2022年度も2021年度に続き国からの補助金と生産者・乳業からの資金拠出による総額108億円の予算で25,000トン相当の効果が見込まれる在庫削減案が進んでいます。
弊社では前述のバター向け補助金を使った国産バターを輸入バターの置き換えや新規商品向けであれば条件付きながらも安価でご案内することも可能です。
ご興味がございましたら弊社営業担当までお申し付けください。

商品案内

フランス国内シェア#1 PRESIDENT発酵バターの本格上陸!

2022年 パリ農業コンクール(CGA)農産物部門 金賞受賞

画像クリックで拡大します

フランス人に長年愛されているバターがいよいよ本格上陸いたします。
PRESIDENT発酵バターはヨーロッパでは伝統的な「前発酵」製法で作られているバターで、使用されるクリームはフランスの中でも乳製品の主要生産地として有名なノルマンディー地方とブルターニュ地方で製造されています。
その品質の良さはフランス最大級の品評会「パリ農業コンクール」2022年で金賞に輝き、スーパーマーケットでも気軽に購入できることから、フランスでは定番のバターとして国民の生活に浸透しております。
フランスのエスプリをぜひご堪能下さい。 Bon-appetit

原材料名 生乳、乳酸菌〈食塩(加塩の場合)〉
原産国  フランス
荷 姿  125g×40個
保存方法 要冷蔵(10℃以下)
賞味期限 製造後365日
アレルゲン 乳


世界最大級の乳業メーカー「Lactalis」

1933年にチーズ製造業者として始まったLactalis社は、現在250ヶ所の工場で年間約1,900万Kℓの生乳を使用してチーズやバター、クリーム等幅広く製造を手掛けております。
彼らの技術は世界的にも認められ、フランス全土をはじめとする150ヶ国以上の国へ事業を展開するとともに、2021年発表のラボバンクによる世界乳業メーカー売上ランキングでは1位に輝くなど、高い評価を得ています。

理想のミックスナッツ

画像クリックで拡大します

この度、弊社理想の黄金比を用いたミックスナッツを発売いたしました。
ナッツ関連の研究で著名な、慶應義塾大学医学部教授井上浩義先生のご監修をいただき、設計した商品です。
また、弊社初の試みとして商品パッケージにQRコードを掲載し、一般消費者様にも簡単に商品情報をご覧いただけるようになっております。
当商品は1日分(25g)と10日分(25g×10包入り)の2形態での発売となります。
トライアルとしても気軽にお買い求めいただけるように、またそれを継続していただけるよう、大袋も品揃えいたしました。


■1日分
荷  姿 25g×12袋×2合/ケース
保存方法 常 温
賞味期間 8ヶ月間
包装形態 縦ピロー包装(フック穴付き)
内容量  25g
希望小売価格 110円(税込)


■10日分
荷  姿 250g×12袋/ケース
保存方法 常 温
賞味期間 8ヶ月間
包装形態 個包装・縦ピロー包装、外装・横ピロー包装
内容量  250g(25g×10包)
希望小売価格 1,078円(税込)


<商品特長>

・ 弊社理想の黄金比(ヘーゼルナッツ4:アーモンド3:クルミ2)で配合したミックスナッツです。
・ パッケージのQRコードで、簡単に商品情報をご確認いただけます。
・ 25g(1日分)の食べきりパックです。

1日分と10日分(10包セット)をご用意いたしました。

6種のドライフルーツmix

画像クリックで拡大します

フルーツミックスカテゴリーの商品が年々市場を伸ばしております。
フルーツミックスの使用 シーンとしては、そのまま召し上がる他に、ヨーグルトやシリアルと合わせたり、手作りパンやケーキの材料などがあげられます。
今回はその中でも使用シーンの多いヨーグルトのトッピングとして使いやすい20gずつの個包装タイプにいたしました。

荷  姿 120g×12袋×2合/ケース
保存方法 常 温
賞味期間 8ヶ月間
包装形態 個包装:縦ピロー包装 外 装:横ピロー包装
内容量  120g(20g×6袋)
希望小売価格 437円(税込)


<商品特長>
・6種類(レーズン、サルタナレーズン、クランベリー、パインダイス、パパイヤダイス、マンゴーダイス)のドライフルーツを彩りよくミックスしました。
・シリアルやヨーグルトのトッピングとしてお召し上がりください。
・持ち運びにも使いやすい個包装タイプです。

正栄だより

カリフォルニア・レーズン協会主催 第30回 カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト

長く愛されるアイデアあふれるパンを大募集!

画像クリックで拡大します

募集部門
1.量販 / インダストリーベイク / ベイクオフ製品部門
規定:工場生産し、完全包装で販売する作品とベイクオフ・QBD製法で生産し販売するパン
2.オールスクラッチ製品部門
規定:店舗や工場でのオールスクラッチ製法で生産し販売するパン

応募締切 2022年4月25日(月) 当日消印有効

応募資格
1.日本国内でのパンの製造販売に携わるプロフェッショナルな方(国籍不問)当協会主催コンテストの歴代入賞者は受賞作品の商品化販売実績がある者のみ応募できるが、審査基準が異なる(得点ハンディキャップ)
2.材料や機械メーカーの製パン開発担当者は応募可
3.パン技術者育成機関関連、製パンコンサルタントの方は応募不可
4.作品応募に際しては、所属会社、または店舗の事前承諾が必要
5.応募作品は、応募者自身が開発した作品とし、作品製作は応募者自身で行なうこと
6.受賞した作品は、延べ3週間程度以上、必ず商品化して販売すること
 なお、販売開始前と終了後に協会へ連絡し、商品に係る情報を報告すること
7.商品化、および商品提案して販売することが大前提のため、第三者が再現できるものとする

応募作品規定
1.カリフォルニア産レーズンを、粉100%に対し30%以上配合した作品(他国産レーズンは使用不可)
2.カリフォルニア・レーズンペーストは、上記の30%に含まれる
3.カリフォルニア・レーズン濃縮果汁(コンセントレート)は使用できるが、上記30%には含まれない
4.作品は、小麦やライ麦の穀物類の粉に水や酵母、塩、油脂などを加えて作った生地を発酵後焼成した食品=「パン」、または「クイックブレッド」とする
5.蒸しパン、マフィン、スコーン製品などに用いられる、ベーキングパウダーを使用した作品についても応募可能(ベーキングソーダ=重曹の使用は不可)
 その他詳細は下記カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト事務局までお問合せください。

応募方法
規定応募用紙に、必要事項をすべて正確にご記入の上、指定された応募作品の指定写真2枚を貼り、郵送で下記コンテスト事務局までご送付ください。
複数作品を応募する場合、規定応募用紙はコピーして使用するか、カリフォルニア・レーズン協会の公式ウェブサイトからダウンロードしてください。
規定応募用紙の郵送をご希望の方は、コンテスト事務局までFAXまたはE-mailでご依頼ください。なお、お電話でのご依頼は受け付けておりません。

審査・発表
第一次審査 レシピと作品写真による書類審査(2022年5月中旬に実施予定)
最終審査  一次審査通過者による作品製作とプレゼンテーション、および試食審査
日程:2022年6月10日(金)・11日(土)/会場:一般社団法人日本パン技術研究所
結果発表 審査後、発表・表彰 2022年6月11日(土)/会場:ホテルイースト21東京(東陽町)

賞 カリフォルニア・レーズン大賞2名(各部門より1名)を含む計10名
※ 入賞者には、副賞として、入賞楯と、米国カリフォルニア州への研修旅行を贈呈
 研修旅行は2023年秋に実施予定ですが、新型コロナウイルス感染状況により延期の可能性があります。
 また、状況により副賞を賞金に代えさせていただく場合があります。
 第28回・第29回コンテストの受賞者の研修旅行は2022年秋実施予定。

ご応募/お問い合わせ先
カリフォルニア・レーズン ベーカリー新製品開発コンテスト事務局
〒101-0061東京都千代田区神田三崎町3-2-15 ORIENT BLD. No.68
株式会社ジェイブレイン内 担当:竹内様宛
TEL:03-6256-9778 FAX:03-6256-9776
E-mail:contest@raisins-jp.org

主 催:カリフォルニア・レーズン協会
後 援:アメリカ大使館農産物貿易事務所 
協 賛:一般社団法人日本パン工業会 全日本パン協同組合連合会

Sweets News

Junbo Café(ジュンボカフェ) オーナー 城田 純

画像クリックで拡大します

食べるだけで元気になるような色合いのスペイン料理をメインにさまざまなお料理やデザートをプラントベース(植物由来)の食材で楽しむことが出来るJunbo Café。
すべてのメニューはヴィーガンに対応しており、健康的で美味しいうえに動物の命を守ることや、これからの地球環境の維持にも繋がっていきます。
今回は、Junbo Caféでも人気の一品である濃いアーモンドミルク(香ばしロースト)を使用したアーモンドミルクラテを紹介いたします。
 
濃いアーモンドミルクは、アーモンドを主原料とし、コレステロールゼロで糖質の低い植物性のミルクです。
アーモンドは非常に栄養価が高く、美や健康の分野でも注目されており、私自身、普段からアーモンドミルクを愛飲しています。
アーモンドミルクとコーヒーを同量で合わせ、ラテにしました。
アーモンドのローストされた香ばしさとコーヒーの相性が良く、コクがあり、香ばしくまろやかなアーモンドミルクの存在感が気に入っています。
アーモンドミルクラテはお客様からも好評をいただいております。
 
私は家族である愛犬と生活を共にすることで二年ほど前からヴィーガンを選択するようになりました。
また、夢であった飲食店経営をヴィーガンカフェとしてオープンさせるべく、地球環境や食についてヴィーガンの様々なことを学びました。
例えば大豆ミートなどの代替肉は動物性のものに比べても味や食感の遜色がないうえに高たんぱく・低脂質で体に良いものがほとんどです。
植物由来のものでも美味しく健康的で満足感があるメニューを作れることを知り、より多くの方に楽しんでいただきたいと思うようになりました。

まだ認知度の低いヴィーガンですが、知ることで選択の自由にも繋がると思います。
今後はヴィーガンを知らない方にも来店していただき、このJunbo Caféを通して知ってもらうきっかけになれるよう美味しいお料理やデザートを提供していきたいです。

一覧へ戻る
Page top