SHOEI NEWS2022年 5月号 Vol.267

CONTENTS

商況案内

2021年産USクルミ市況

画像クリックで拡大します

現地時間の4月8日に発表されましたカリフォルニアクルミ協会の出荷レポートによると、3月末時点のハンドラーの受入数量は720,163ショートトン(以下ST)となり、繰越在庫を含めた総供給量(818,217ST)は前年同期比96.5%となっています。
3月単月の出荷量は、殻付換算で75,242ST(前年比98.8%)と前年並みの出荷量となり、内訳としては、殻付で前年比108.7%、剥実で前年比95.5%となっています。
殻付は、相場軟調に加え、良質な原料在庫がタイトになってきたことから、主要出荷先からの需要が高まり、トルコ(前年比121.9%)、UAE(前年比108.2%)、スペイン(前年比216.5%)への出荷が伸長しています。
剥実は、ドイツ(前年比120.2%)、日本(前年比101.8%)は前年を上回ったものの、アメリカ国内(前年比85.6%)、韓国(前年比86.9%)、中東地域への出荷が減少したことで、前年割れとなっています。3月末までの累計出荷量は、殻付換算で449,180(前年比84.2%)となり、繰り越し在庫を含めた総供給量に対する出荷割合は54.9%で、前年同期比(62.9%)から出荷ペースは大幅に遅れています。
年明け以降、現地相場は出荷鈍化の影響で軟調に推移していましたが、価格が下がったことで成約が進み、良質なチャンドラー種の在庫が少なくなってきたことで、現地側も上値を探る動きが出てきています。
一部パッカーでは完売との情報もあり、2、3月の出荷が前年並みまで回復してきているため、今後の現地相場の動向には引き続き注視する必要があります。

プルーン作柄状況および市況

画像クリックで拡大します

■カリフォルニア産プルーン
カリフォルニア州ドライフルーツ協会(DFA)の最終報告によると、2021年産のカリフォルニアプルーンの収穫量は68,748MT(75,781ST)となっており、当初の見込みであった68,000MT(75,000ST)よりも微増する格好で着地いたしました。
43,800MT(48,280ST)の繰越在庫を加味すると、総供給量は112,548MT(124,060ST)となる見込みです。
さて、本年の弊社のプルーン農園につきましては、昨年よりも約1週間早い3/1~3/14に開花を迎え、今年も白い花とともに春の到来を知らせてくれました。
3月初旬の数日間、夜間の気温が氷点下になったことで霜が降り、つぼみが枯れてしまったケースもあったようですが、カリフォルニアプルーンの作柄には大きな影響が無いとの見方が強く、現時点では本年も順調に生育していると評価されています。
本年の収穫量予測は、以降の気候や各農家へのヒアリングを基に公開されますので、情報が入り次第、改めて最新情報をご報告させていただきます。


■チリ産プルーン
昨年は収穫時期に差しかかる数週間の間、悪天候に見舞われたことで想定収穫量の約半分以下となる大減産となっていましたが、2022年産は2月初旬~中旬から収穫が開始され、収穫量は例年並みの約59,000MTと推定されています。
天候にも恵まれ、現時点では品質も良好と評価されておりますが、小粒傾向との特長がある模様です。
昨年産は35,000MTと大減産であったため、2022年産は昨年に比べ約24,000MT増産となりますが、繰り越し在庫は実質無い状態のため、昨年の供給不足を若干緩和する格好にはなるものの、依然として供給タイトな状態が続き、現地価格も強含みで推移すると推測されています。

海外乳製品市況

画像クリックで拡大します

海外乳製品相場は昨年7月から続いてきた強気相場に変調が出ています。主要生乳生産国の生産量の減少が続いているにも関わらずNZ相場が反落しています。
また、欧州は全体的には上昇が続いているものの一部の国・製品では下落も見られます。主な原因は中国における一部地域のロックダウンと見られています。
NZ製品の主要販売先である中国市場がロックダウンの影響で購買意欲が減少しています。
特に中国への依存度の高い全脂粉乳の価格の下落幅が大きく、脱脂粉乳価格をも下回る状況となっています。
製品別にみた場合、バターはNZで下落して欧州は上昇となっています。
NZ産はFOB US$6,770/mt近辺、欧州産はFOB US$7,850/mt近辺となっています。
全脂粉乳と脱脂粉乳は前述の通りNZ産で下落が見られる一方で欧州は引き続き上昇となっています。
NZ産全脂粉乳はFOB US$4,370/mt近辺、脱脂粉乳はFOB US$4,500/mt近辺、欧州産全脂粉乳はFOB US$5,900/mt近辺、脱脂粉乳はFOB US$4,680/mt近辺となっています。
中国のロックダウンは本記事執筆時点で解除の見込みはありませんが、世界的に見れば生乳生産量減少、インフレ加速、物流の混乱、エネルギーコスト上昇、飼料コスト上昇による生乳生産コスト上昇と値上げ要因が多く、多少の修正が入りつつも高値傾向は続くと推測されます。

国内乳製品市況

画像クリックで拡大します

引き続き国産乳製品の在庫が高い水準にあり、特に脱脂粉乳は危険水域の10万トンに近い高水準となっています。
2月末の推定在庫量はバターで約39,700トン(前年比103%)、脱脂粉乳は約98,400トン(前年比117%)となっており、引き続き非常に高い水準にあります。
生乳生産量が引き続き増産傾向にあることが背景です。
1月の生乳生産量は前年比102.5%となっており、今年度は同様のペースで増産が続いています。国からの在庫削減補助金が功を奏しバターにつきましては一時期4万トン超えだった在庫が年末前に一時減少しましたが、年末の余乳が大量発生したため再び高い水準となっています。
ただ、海外相場が上昇したことで国産への転換も見られ、今後徐々に適正水準に戻ることが予想されます。
一方で脱脂粉乳は在庫減少が当面見込まれないことから2022年度も2021年度に続き 国からの補助金と生産者・乳業からの資金拠出による総額101億円の予算で25,000トン 相当の効果が見込まれる在庫削減案が決定しました。
それでも引き続き在庫水準は高く 推移するとの見方が大方でした。
ただ、直近では海外相場が引き続き高値で推移している上に急速な円安となり、国産への転換の検討が急速に需要家の間で本格化しています。
また、今年度は飼料コストの高騰で給餌量が減る可能性や夏場の猛暑見込みから生乳生産量が減少する可能性を指摘する声も出ており、場合によって脱脂粉乳も在庫水準の適正化に近づく可能性もございます。
弊社では輸入・国産の乳製品を数多く取り扱っておりますのでご興味がございましたら弊社営業担当者までお申し付けください。

商品案内

正栄 ココアパウダー1kgのご案内

画像クリックで拡大します

日本で幅広く使用されているココアパウダー3種類を使いやすい1kg品にリパックし、販売いたします。
加工工場では、マグネットや篩掛けを行ない、異物除去とブロッキング防止という観点で更に安全で使いやすい商品に仕上げました。
1kg包材にはアルミ袋を使用し、色落ちを防ぎ開封後も封をできるファスナー付のため、複数回に分けて使用可能です。

●特長早見表
商品名                脂肪分  pH    特 長
正栄 純ココアパウダー ハイファット 22‐24%  7.2‐7.6  汎用性の高い人気商品
正栄  ココアパウダー ローファット 10‐12%  4.9‐5.9  価格訴求品
正栄  ココアパウダー ブラック   10‐12%  8.0‐8.6  黒色の色付けに最適

以下規格、3品共通

荷 姿 1kg×12袋
種類別 ココアパウダー
原材料 カカオ豆
保存条件 冷暗所(20度以下の直射日光が当たらない場所で保管ください)
賞味期限 2年間
加工者 明和産業株式会社


各種特長

■正栄 純ココアパウダー ハイファット
オランダ工場で製造しており、西アフリカ産の原料のみを使用しています。
バッチ式の製法を取り入れ、適度なアルカリ処理を行なっていることから風味には定評がありながら、手ごろな価格が特長です。
また非常に汎用性が高く、焼き菓子、冷菓、ドリンク、製パン等幅広い用途でご使用いただけます。
ハイファットココアパウダーはその製品特性上、自重で固まりやすいのですが、本品は国内リパック時の篩掛けや、包装する際に工夫を施していることから、固化のリスクが低くご使用時のハンドリングにも優れた商品になっております。

■正栄 ココアパウダー ローファット
シンガポール工場で製造した本品は、ローファットでドリンク、冷菓、チョコレート等に良く合います。
アルカリ処理を行なっていないことで、ココア本来の色や風味を有し、比較的安価に調達することが可能です。

■正栄 ココアパウダー ブラック
シンガポール工場で製造した本品は、世界的に広く使用されているブラックココアパウダーで、使用した商品に深い黒色を付与できる一方で、風味も他社ブラックココアに比べ損なわれていないと好評を得ている商品です。
主にクッキーやビスケット等の焼き菓子に好んで使用され、製パンにも色付けとして使用されています。

デーツ(ナツメヤシ)のご案内

画像クリックで拡大します

デーツとはなつめやしの実で、濃厚でコクのある甘味を持つ、砂漠の熱や塩害に強い生命力の高い植物です。
古くから砂漠の遊牧民の栄養補給として大事な食糧でした。
砂漠のような雨が少ない地域でも育ち、特に中近東でよく食べられております。
日本でもメディアの紹介もあり、今注目されているドライフルーツです。

この度、新商品としてチュニジア産のホールデーツ(デグレット・ノア種)を発売いたします。
デグレット・ノア種はフルーティで弾力があり、みずみずしくあっさりとした甘さが特長です。
そのままはもちろん、刻んでヨーグルトと合わせて、クリームチーズや好みのナッツを間に挟んでお召し上がりいただくのもおすすめです。
また、コーヒーとの相性も抜群です。
デーツは砂糖・添加物不使用のため、美容意識の高い人やヴィーガンのデザートとしても愛されています。

■チュニジア産ホールデーツ(種抜き)
原材料名 デーツ(チュニジア)
荷  姿 10kg
保存方法 冷暗所
賞味期限 1年

使用例
デーツボウル、スタッフドデーツ、小袋商品
※「デーツボウル」は豊富な栄養素が手軽に摂れる朝食や間食におすすめのヘルシーメニューです。「スタッフド デーツ」はナッツのかりかり食感と、デーツの自然な甘さがマッチしたヘルシースイーツ。
 デーツは、チーズやナッツともよく合いますので、クリームチーズやアーモンド、生ハムをはさむだけでも美味しくなります。

■パキスタン産ホールデーツ(種抜き)
パキスタン産アセール種の種抜きされたデーツです。デーツ特有の黒糖のような甘さで中はしっとりとした食感が特長です。
スナックとして、スポーツや登山の際の栄養補給に、パンの練りこみ、製菓材料にご使用いただけます。

原材料名 デーツ(パキスタン)
荷  姿 10kg
保存方法 冷暗所
賞味期限 1年6ヶ月
    
刻んであんこやチョコレートと合わせても。お好きなアレンジをお楽しみください。  

■選別ダイスドデーツ
パキスタン産アセール種の種抜きされたデーツをカットし結着防止のため、米粉を掛けた商品です。製菓・製パンに幅広くご使用いただけます。

原材料名 乾燥デーツ(パキスタン製造)、米粉、植物油脂
荷  姿 12kg
保存方法 冷蔵
賞味期限 1年

■デーツピューレ
パキスタン産のデーツをピューレ状に加工した商品です。
天然の甘味、コクをつける付加価値の高い製品、砂糖の代替品として使用可能です。
デーツ本来の甘さを存分に引き出すために糖度を高めに設定しました。また、1kg×10袋と使いやすい荷姿にしています。

原材料名 乾燥デーツ(パキスタン製造)
荷  姿 1kg×10袋
保存方法 冷暗所
賞味期限 1年

用途:ソース、タレ、ドレッシング、チャツネ、餡子、ヴィーガン製品、シリアルバー、ジャム、製菓・製パンへの練り込み

デーツエナジーバー、ほうじ茶とデーツのマフィン、デーツとヘーゼルのダックワーズマドレーヌ
デーツスコーン、デーツシュトーレン、デーツチョコテリーヌ
デーツ好きのデーツパン、デーツ照り焼きバーガー、デーツココア
チキンパキスタンカレー、デーツドレッシング、デーツのフローズンカフェモカ
デーツピューレ使用牛丼(砂糖不使用)、デーツ煮豚(砂糖不使用)、シトラスデーツソース

※写真のレシピをご用意しておりますので、詳細は弊社担当者までお問合せくださいます様、お願い申し上げます。

Sweets News

PATISSERIE Yoshinori Asami(パティスリー ヨシノリアサミ)

画像クリックで拡大します

2022年サロン・デュ・ショコラに弊社のデーツが使用されました。

「サロン・デュ・ショコラ」は、1995年にフランス・パリで誕生して世界中から一流ショコラティエやブランド、多様なブランドのチョコレートが集まる、世界最大級の チョコレートの祭典で、本場のパリでは毎年10月下旬~11月上旬に開催されて います。
日本では、2003年1月に伊勢丹新宿店にて開催され、今年は2022年1月 開催で20回目を迎えました。
巣鴨にある「パティスリー・ヨシノリ・アサミ」の浅見シェフに、弊社のデーツをパフェのアイスクリームやトッピングとして使用していただきましたのでご紹介いたします。
フランスアルザスのパティスリー「キュブレー」でシェフパティシエを務め、M.O.F(国家最優秀職人章)コンクールのグラシエ部門で、日本人初のファイナリストとなった方で、サロン・デュ・ショコラでは毎年目新しい食材をアイスに使用されていることから、それを目当てに遠方から足を運ばれるお客様も多く、今年の新作も注目されていました。
今年は弊社のデーツピューレをバニラアイスに練り込み、ダイスドデーツと和栗をトッピングし、紫芋のライスパフを添える構成で、会場でも大変好評でした。
滑らかなデーツの天然の甘味がバニラアイスと上手く調和し、ダイスドデーツと和栗のホクホク感が味のアクセントとなっていました。
まだ日本ではスイーツの原料としては、馴染みのないデーツですがフランス時代では日常的にデザートの材料として使用されたり、おやつとしてそのまま食べたりとデーツは身近な食材だったそうです。
浅見シェフご自身のお店「パティスリー・ヨシノリ・アサミ」ではサロン・デュ・ショコラに引き続きデーツを使用したアイスが販売されており、4月頃にはデーツのフィナンシェを発売する予定です。
デーツに馴染みのない方でも、癖がなく気軽に食べられるスイーツですので、是非お店に立ち寄り召し上がってみてください。
また、浅見シェフとコラボしたデーツのレシピ集を作成しましたので、弊社営業担当者までお問合せくださいます様、お願い申し上げます。

一覧へ戻る
Page top