松の実

世界に100種類程ある松の大半は北半球に広く分布しており、食用とされる松の種子を松の実と呼びます。
秋にできる長さ10~15㎝程の球果(まつかさ、まつぼっくり)の中に殻に覆われた種子が入っており、この種子の胚乳部分が食用にされます。
中国吉林省延吉市に設立した「延吉秀愛食品有限公司」で、中国各地から集められた殻付の松の実を脱殻・選別加工しています。

詳しくはこちら

松の実とは

世界に100種類程ある松の大半は北半球に広く分布しており、食用とされる松の種子を松の実と呼びますが、食用に適する大きさの物は20種類程になります。
6,000年以上前から栽培されていたとされますが、野生の松は更に古くからあったと思われます。
中国国内では吉林省が主な産地で、良質で大粒の松の実が収穫されていますが、松の種類としては紅松(朝鮮五葉松、学名: Pinus koraiensis)が大半を占めています。

松の実の生育

松は6月頃新しい枝の元に紫紅色の雄花をつけ、先端に2~3個の球状の雌花をつけます。
球果(まつかさ、まつぼっくり)は長さ12~16㎝、直径が約10㎝もある大型で、翌年9月から10月頃に収穫・天日干し・機械乾燥などの加工が行なわれます。
松かさは成熟すると鱗片が開いて内側に松の種子ができ、その胚乳の部分が松の実として食用にされています。

松の実の栄養素

淡い黄白色をした松の実は中国では「長生果」とも言われ、葛洪という医者が記した仙道の古典「抱朴子」などに書かれている仙人食の一つにもなっており、「松食水飲」という言葉すらあります。
松の実にはカリウム、リン、ビタミンEなどの栄養素の他、身体にとって不可欠な脂肪酸であるにもかかわらず、体内では作る事ができない多価不飽和脂肪酸、つまり「必須脂肪酸」も含まれています。
また、n-3系列のリノレン酸も含まれていますが、他の植物油には含まれない特異な物のために「P-リノレン酸」と名付けられ、現在ではこれが短縮されて「ピノレン酸」と呼ばれています。

松の実の用途

松の実は勿論そのままでも食べる事ができますが、お粥やスープに入れて食べるという事も一般的です。
中国のレストランでは松の実とコーンを一緒に炒めた料理も人気メニューの一つとなっています。
韓国ではお茶やお粥、キムチと共に出され、日本では、製菓原料、中華料理、イタリア料理によく利用されています。

【延吉秀愛食品】
中国吉林省延吉市に2004年5月に設立された「延吉秀愛食品」では、最新鋭の設備を備えた工場で松の実の加工が本格稼動しています。
吉林省だけでなく、中国各地から集められた殻付の、松の実を脱殻・選別加工し、安全・安心をモットーに常にクリーンに保たれた工場で、厳しい品質管理のもと、松の実のおいしさをその場でパックしています。
多くの皆様のご要望に応えるべく、品質の優れた松の実の迅速で安定した供給を目指しています。

商品一覧

  • 特選松の実(延吉秀愛)

    乳白色をした松の実を延吉秀愛で目視選別してあります。

商品群一覧へ戻る
Page top