サステナビリティ

サステナビリティ基本方針

1.基本方針

当社グループは、「国内及び海外から厳選された安心・安全な食品を提供することで、新たな食文化を創造し、社会に貢献する」という経営理念のもと、食の提案・提供を通じて、食の提供による健康作り、美味しさの提供による笑顔・幸福作りを行い、健全で明るい社会の実現に貢献してまいります。

事業を行う上では自らの利益だけでなく、自らの事業による環境へ負荷を考慮し出来るだけ低減させていかなければなりません。事業を通してSDGsの目標達成やステークホルダーから求められている社会的課題の解決に貢献し、私たちの社会もより良い社会にしていかなければならないと考えています。

当社グループは経営理念を追求するとともに持続可能な社会の実現にむけて、一人ひとりが自ら考え、倫理感を持ち法令・社会規範を遵守して行動し、社会から信頼され必要とされる会社を目指し実現化します。

2.環境への対応

  1. 環境に関する法令の遵守:事業に係る国・地域に関連する法令・規制及び自主規制を遵守し、国際的な基準・規格への適合を目指します。
  2. 安全・安心な商品提供:地球環境に配慮した安全・安心な商品の提供に努めます。
  3. 環境汚染物質の削減:環境に有害な化学物質等の環境汚染物質の適正な管理を通じ、汚染防止に努めます。
  4. 環境負荷の低減:事業活動全般を通じて、エネルギー、原材料、水資源の使用効率の改善を図り、温室効果ガス(CO₂、フロン等)の削減に努め、環境負荷の低減と地球温暖化防止に努めます。
  5. 省資源・廃棄物の削減:省エネルギーの推進およびエネルギー使用量の見える化等、カーボンマネジメントを実施し、廃棄物の削減に努めてまいります。
  6. 生物多様性の保全:生物多様性への理解を深め、生物多様性の維持・保全と生態系の保護に努めます。
  7. 環境意識の向上:自然・生物など環境教育や啓蒙活動を通じて、グループ社員全体の環境意識の向上を図ってまいります。
  8. 地域の環境改善への貢献:近隣、地域社会とのコミュニケーションを通じて、地域のよりよい環境づくりに貢献します。
     

3.社会への対応

  1. 得意先様に対して
    • 安全・安心な食の提案や提供、相談窓口の設置を行い、事故防止に努めてまいります。
    • 美味しさの追求とともに、健康長寿社会の実現への貢献に努めてまいります。
    • 国内外の自社工場で得意先様のニーズに適合した商品を供給することで、お得意先様の働き方改革・人手不足・食品ロスの削減などの課題解消への貢献を目指してまいります。
    • 原料供給産地の多様化を随時検討し、安定供給を図ってまいります。

  2. 仕入先様に対して
    • 公正で適正な取引を行い、共に繁栄できる関係を構築・維持してまいります。
    • 重要なCSR課題(人権・労働慣行・環境負荷)についてともに取り組んでまいります。

  3. 株主様に対して
    • 経営の透明性を高め、会社情報の公正で適時・適切な開示に努めます。
    • 中・長期的なビジョンにたち、持続的成長と企業価値の向上に努めてまいります。
    • ガバナンスの強化に努め、建設的な対話の確立を図ってまいります。

  4. 社員・従業員に対して
    • 人権の尊重、ハラスメント・差別の撲滅に努め、労働安全衛生に対する教育・意識を高めてまいります。
    • 社員の健康が持続可能な企業の源であるとの考えに立ち、ワークライフバランスや心身の健康管理を推奨し、一人ひとりが能力を発揮しやすい明るい働きやすい職場環境作りに努めてまいります。
    • 従業員の人財育成に努め、能力開発のための研修の実施などにより、キャリア開発や働きがいのある職場作りに努めてまいります。
    • 給与や福利厚生など、労働の正当な対価としての労働条件の改善に努めてまいります。

  5. 地域社会に対して
    • 環境への影響を考慮し、環境への負荷の低減に努めてまいります。
    • 地域社会や国際社会の一員として共存共栄を図り、一人ひとりが考え行動することで、地域社会の安全・持続的発展への寄与に努めてまいります。
    • 地域との対話や地域イベントへの参加・協働なども進めてまいります。

  6. NGO/NPO等の組織に対して
    • 利益を目的としない社会的な活動に対しても、その活動の意義を評価し、積極的な参加や意見交換を図ってまいります。
       

正栄グループ行動規範

当社及びグループ各社の全役職員を対象とし、全ての役職員が誇りを持って職務に専念できるグループであるために、コンプライアンス意識(遵法意識)を徹底し、社会的責任を果たしてゆくための行動の基準、指針を示しています。
社会からの信頼を得られなければ事業は成り立たないということを、ひとり一人の役職員が十分認識し、この規範の趣旨を十分理解した上で、この規範に則って職務に精励いたします。

1.創業精神・創業理念の尊重

当社グループの創業の精神は、社名が示すとおり、『正しく栄える』であり、コンプライアンスの原点と言えるものです。さらに当社には、創業以来永年にわたって培われてきた良き社風があります。『本業に徹する』、『物を大事にする』、『出来ることは自分でやる』などです。私たちは改めて先人の創業の志・創業の理念に思いを傾け、先人から受け継いだ社風を誇りとしながら、世間に恥じることのない新しい道を切り開いて行きたいと思います。

2.法令違守と社会的責任の自覚

①常に高潔な倫理観を持って法と秩序を守り、良識と責任を持った行動をする。
②あらゆる違法行為、反社会的行為には、厳しく対処する。
③業務活動上、適用される諸法規・規制の内容を正しく理解し、許認可手続などの遵守はもちろん、社会規範にも沿った責任ある行動をする。

3.安全な商品の提供

①常にお客様の安全を最優先にして、全社的な視点で細心の注意と緊張感をもって品質管理にあたる。
②不正商品・欠陥商品を完全に排除し、信頼される商品だけを市場に提供する。
③お客様に商品などの正しい情報を提供し、安心と満足をお届けする。

4.社会貢献・環境保全

①常に地域社会や国際社会との共存共栄を図り、積極的な社会貢献が出来るよう、役職員ひとり一人が自ら考え、行動する。
②事業活動における環境への負荷を考慮・低減し、生物多様性の保護に努め、健全な地球環境保全と社会の繁栄との調和・両立に向け、確かな貢献が出来る企業を目指す。

5.不公正取引の禁止

①公序良俗・市場競争原理に反する不公正な取引や不正な取引はしない。
②取引上の価格、サ-ビスなどの諸条件に関して、相手先との間に談合、癒着などの不公正な関係を持たない。

6.利害関係者及び取引先・取引先役職者との健全な関係維持・腐敗防止

①事業展開上の利害関係者及び取引先・取引先役職者とは、常に社会の批判を受けることのない健全な関係を維持する。
②社会通念を超える金銭、贈り物、接待その他の利益供与の授受をしないなど、腐敗防止に努める。

7.反社会的勢力への対応

①いかなる理由があっても、社会の秩序と安全に影響を与えるような反社会的勢力や団体との関係は一切遮断する。
②その活動を助長するような行為は行わず、見逃さず、利害関係を持たない。

8.人権の尊重、ハラスメント・差別・強制労働の禁止

①国際社会の一員として、また地域社会の一員としての自覚を持ち、関係諸国・諸地域の法令・文化・慣習などを正しく理解し、尊重して行動する。
②人権を尊重し、人種、性別、年齢、国籍、宗教、心身の障害、身分などに基づくいかなる差別をもすることなく、セクシャルハラスメント・パワーハラスメント・暴力行為・強制労働・児童労働など、人権を侵害する行為を排除し、明るく安全で働きやすい職場環境の確保に努める。
③個人の人格・価値観を尊重し、プライパシーを尊重して不当に侵害することなく、常に関係者との調和を心掛けながら、豊で住みよい社会の実現に向けてその役割を果たす。

9.会社の利益と公私のけじめ

①常に会社の利益につながる行為を旨とし、会社の利益に反する行為は一切行わない。
②会社の立場と個人の立場を明確に区分し、会社に私的な利害関係を持ち込んだり、会社の立場や会社の資産を私的に利用したりしない。また私的に利用しての利殖行為を行わない。

10.適正な会計報告・処理

①会社の資産は違法な目的には一切使用しない。
②会計処理・報告は、実態に応じた且つ社内ルールに基づいたもので、一般に公正妥当と認められる適正な基準に基づくものでなければならない。
③処理実行時期を意図的に変更するなど、実態と異なる虚偽の処理、あるいは誤解を招くような不適切な処理はしない。

11.知的財産権の適切な管理・侵害の防止

他社の知的財産を尊重し、国内外においてそのための風土作りに努める。

12.情報の適切な管理及び開示

①事業を通じて知り得た情報を適切に管理・保護し、信頼・信用される企業体質を堅持し続ける。
②企業経営情報の適時・適切な開示を行い、インサイダー取引防止に努める。
③風説の流布等を行わない。

13.サプライチェーンCSR調達マネジメントの実施

商品の品質、価格、供給能力のみを購買の基準とせず、可能な限りサプライチェーンでのCSRの側面(人権侵害・強制労働・児童労働の有無、適法な賃金支払い・労働時間・職場環境、産地及び加工工場周辺の自然環境への負荷等)の考慮に努める。

Page top