商品
担当
加工製菓材料部 千葉 直人 2019年入社

提案や企画・開発等、
幅広い業務を経験できる

学生時代に学んだ内容

所属していたゼミで、「大学生による観光まちづくり」というテーマで活動していました。地域を活性化させるために、地域独自の魅力を発掘し、大学生の視点と感性から提案を行いました。実際にその地域を複数回訪れ、様々な調査を行い、地域を元気づけるような方法を商工会の方々に発表しました。この企画を実現するためには、ゼミの仲間たちと相談し合うだけでなく、外部の方々と意見交換をすることで、様々な考え方を取り入れること、積極的に自分たちの意見を発信する事が不可欠でした。私はこの活動を通じたことにより、現在の業務においても常に積極的に行動することを心がけています。

入社の動機・どのように就職活動をして来たか

私は就職活動を始めたばかりの時は、自分がどのような仕事をしたいか、明確にイメージすることが出来ていなかったため、幅広い業職種に応募することで、自分がやりたいと思える仕事を探していました。そして、自己分析や企業との面接を通じて、自分は食べることが好きだという事を改めて認識し、「食」に関わる業界に興味を持つようになりました。その中で、正栄食品工業の会社説明会を受けた際に、商社機能・メーカー機能などの様々な事業を行っており、ナッツ・ドライフルーツをはじめとした数多くの原材料を取り扱う当社に非常に魅力を感じ、入社する事を希望しました。

現在の担当業務

加工製菓材料部は、主に栗製品・ラムレーズン・ジャム類・チョコレート加工品等の様々な原材料を取扱う商品部門です。国内自社工場(京まろん、正栄デリシィ、ロビニア、筑波乳業など)で加工することで、更なる付加価値を付けた商品をお客様に提案することができます。また、栗・さつま芋加工品などは原材料の輸入・現地で生産した輸入商品の取り扱いもあります。原料の仕入・工場との生産調整・営業と一緒に自社加工品の提案活動・商品の企画や開発等の多岐にわたって業務を行うため、専門家としての幅広い知識が求められる部署となります。

将来の夢や目標

現在は生産品の発注・管理・開発案件・販売などを行っていますが、ゆくゆくは自分が営業担当となり、お客様に一番近い立場で仕事をしてみたいです。お客様と直接コミュニケーションをとる機会を増やし、お客様が何を本当に求めているかを理解し、助けになりたいと考えています。そのためにも、今は商品担当の業務をこなし様々な知識を得ることで、経験を積めるように頑張っています。

一覧へ戻る
Page top